ホーム > スポンサー広告 > FSSの解説1 自動売買プログラムのパフォーマンスの確認方法ホーム > FSS > FSSの解説1 自動売買プログラムのパフォーマンスの確認方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FSSの解説1 自動売買プログラムのパフォーマンスの確認方法

米国FXCM社のMetaTrader4(MT4)口座

Forex System Selector (FSS) とは、米国FXCM社のFXサービスであり、
世界中から選ばれた為替のプロが開発した自動売買プログラムが約350本
が登録されています。ユーザーは、これらの自動売買プログラムから気に
入ったものを選んで投資することができます。投資した後は、プログラムが
自動で売買してくれます。

米国FXCM社の Forex System Selector (FSS) のウェブサイトです。
http://www.fxcm.com/forex-system-selector.jsp

画面中ほどに3つあるアイコンの一番左にある「Performance Results」
をクリックすると、登録されている自動売買プログラムのパフォーマンス
を見ることができます。FSSには約350本の自動売買プログラムが登録
されています。
http://fxcm.fx-performance.com/Default.aspx?p=1&t=1&paging=1:0:0&sorting=2:1&filter=

最初開いた画面は、直近12ヵ月のパフォーマンスが利益の大きい順に
並んでいます。この利益はUSD100,000で運用した際の利益です。
たとえば、直近12ヵ月で一番上にランクされている InsiderBreakout (GBPJPY)
は、12ヵ月前にUSD100,000を投資して12ヵ月間でUSD91,688.60の利益
を稼いだ、ということです。年利91.7%です。

以下のボタンをクリックすると、対象期間を変えることができます。

無題

7月~9月の直近3ヵ月は、相場が大きく上下に変動しましたので、
この間に利益を稼いだ自動売買プログラムは、うまくトレンドに乗ることが
できたと言えるかも知れません。しかし、この期間内に大きなドローダウン
(利益の減少)があった可能性もあります。この点を確認するには、
バックテストでのチャートを見る必要があります。

次回は、チャートの確認方法を解説します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事内容の向上に努めますので、クリックでの応援をよろしくお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

人気ブログランキングへ

FXブログランキング
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
[ 2008/09/07 21:56 ] FSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。