ホーム > スポンサー広告 > 投資から撤退(利食い!)までのチャート 楽々FXCM自動売買ホーム > チャート > 投資から撤退(利食い!)までのチャート 楽々FXCM自動売買

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

投資から撤退(利食い!)までのチャート 楽々FXCM自動売買

米国FXCM社のMetaTrader4(MT4)口座

みなさまおはようございます。
昨日、今年4月9日から投資していた米国FXCM社の自動売買プログラム
をいったんEXITしたのですが、「撤退」という刺激的な言葉を使ったためか、
普段の2倍以上のアクセスがありました。応援まことにありがとうございます。
「撤退」という言葉を使いましたが、利益の乗った状態でEXITしたので、
「利食い」とも言えます。

以下は、4月9日の投資から8月15日の撤退(利食い)までのチャートです。

無題

4月9日のUSD50,000が8月15日にはUSD52,390.66になりました。
4.78%のプラスです。7月23日の最高値USD58,136.61から8月15日
まで9.88%ドローダウンしています。3週間にかけてずっと下落して
いたので、気分的には相当ヤラれた感があったのですが、実際には
10%未満のドローダウンで済んでいます。レバレッジ8倍でこれだけ
長期間に渡ってドローダウンしつづけても10%未満の下落で済んだ
のは、10通貨ペア以上に投資していることによる分散効果の賜物です。
分散効果が無ければ、たとえばこの期間にAUD/JPYは104.23円
から95.03円へ8.83%下落していますので、レバレッジ8倍なら70.64%
のドローダウンになります。

一方、不満があるのは、せっかく8月になって円高、米ドル高、高金利
通貨安という分かり易い相場環境になったのに、いつまでもAUDや
NZDをロング(買い)し続けていたことです。相場の変わり目では
損を出してもいいのですが、損が続いた後はドテン(それまでと逆の
ポジションを持つこと)して欲しかったです。今後の課題は、このよう
な自動売買プログラムを探すことです。

米国FXCM社のShort-term Opportunityには、金額を減らして
また投資します。前述のような不満はあるものの、USD1,000から
投資できてこれだけの分散効果を得られるという点はやはり魅力的です。
ちなみに、EXITしたのでポジションを確認することはできませんが、
私がEXITした後の相場を見ていますと、高金利通貨(特にNZD)が
戻していますので、Short-term Opportunityはかなり利益を出して
いたと思います。。

また、Short-term Opportunityに加えて、今後は米国FXCM社の
Forex System Selector (FSS) にも投資するつもりです。

Forex System Selector
http://www.fxcm.com/forex-system-selector.jsp

FSSの詳細につきましては、今後アップしていきますが、簡単な説明
としましては、Short-term Opportunityは米国FXCM社が開発した
自動売買プラグラムであるのに対して、FSSでは外部の業者が開発
した自動売買プログラムが350本以上登録されていて、顧客はこれら
の自動売買プログラムから気に入ったものに投資できる、というものです。
また、FSSでは自動売買プログラムを複数組み合わせて自分のポートフォリオ
を作ることもできます。

私としては、FSSで「ちゃんとドテンのできる」自動売買プログラムを
探したいと思います。準備が整い次第(遅くとも1週間以内)、新体制
での運用報告をアップしていきますので、ご期待ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事内容の向上に努めますので、クリックでの応援をよろしくお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

人気ブログランキングへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
[ 2008/08/16 12:06 ] チャート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。