米国FXCM社でZuluTradeとMT4に投資して年利42%を目指すFXブログ

米国FXCM社のZuluTradeとMT4に関する情報を提供していきます

ホーム > アーカイブ - 2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国FXCM社がスキャルピングを公認できる理由

EUR/GBPのスキャルEAについて調べたところ、国内業者でMT4プラットフォームを提供
している121証券とODL Japanでは、事実上EUR/GBPスキャルEAを禁止していることが
わかりました。

121証券は、12月からEUR/GBPとEUR/CHFの取扱いを中止しました。
http://fx.121sec.com/about/CompanyNewsLook.asp?ID=151&mode=2

ODL Japanは、12月24日付でスキャルEAの禁止を通達しました(回りくどいですが)。
http://www.odls.co.jp/news.html

ここ最近、EUR/GBPスキャルEAで大儲けした人がたくさんいることから推測しますと、
1. これらの国内業者は、顧客の注文をカバー取引先に流さず自社で呑んでいる。
2. したがって、「顧客の利益=会社の損失」という図式が成り立っている。
3. スキャルEAで大儲けする顧客はケシカランので排除する。
ということだと思います。

そもそもFX業者の仕入先であるカバー取引先のレートは変動なので、固定スプレッド
を謳っている業者は、基本的に顧客の注文を自社で呑んでいるはずです。
固定スプレッドで新規顧客を集めて、逆ザヤになった部分は別の方法(約定価格の操作など)
で補う必要があります。121証券とODL Japanは「顧客が儲かる手法の取り上げ」により
逆ザヤの拡大を防いだということでしょう。

米国FXCM社では、すべての注文をカバー取引先に流していますので、顧客
との間に利害関係は一切ありません(NO DEALING DESK EXECUTION)。
したがって、顧客がどのような取引手法を取ろうが米国FXCM社には関係なく、
EUR/GBPスキャルEAも当然OK!なのです(スキャルOKを明記)。
現に昨日ご紹介しました米国FXCM社がメジャースポンサーを務める
Automated Trading Championship 2008では、トップ3のうち2つがEUR/GBPスキャル
であり、称賛されています。

そもそも、スキャルピングというのは立派な取引手法であり、FX業者からとやかく
言われる筋合いはありません。特にODL Japanは顧客が何か悪いことをして
いるかのように書いていますが、顧客の注文を呑むという自社の落ち度を
棚に上げてよく言うよ、と呆れてしまいます。

米国FXCM社のMT4口座(スキャルピング公認!)


参加ランキング☆応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/12/27 20:55 ] MT4 | TB(0) | CM(6)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。