FSS分析 米国FXCM社でZuluTradeとMT4に投資して年利42%を目指すFXブログ

米国FXCM社のZuluTradeとMT4に関する情報を提供していきます

ホーム > カテゴリー - FSS分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週のFSS分析 FSSデモ口座研究

米国FXCM社のFSSに登録されているすべてのプログラムを毎週末分析しています。

無題

期間を直近12ヵ月、直近6ヵ月、直近3ヵ月、先月、今月、先週に区切って、
プラスのプログラム数と利益の合計額、マイナスのプログラム数と損失の合計額
を出しています。直近12ヵ月や直近6ヵ月の長期で見ると、約6割のプログラムが
マイナスですので、リバース戦略が有効との判断ができます。しかし、今月や
先週の数字を見ると、プラスとマイナスがほぼ同数ですので、リバース戦略が
有効とは言えなくなってきています。全体のパフォーマンスが良くなってきている
理由としては、
①既存プログラムのパフォーマンスが向上した。
②パフォーマンスの良い新規プログラムが参入した。
③パフォーマンスの悪い既存プログラムが撤退した。
④相場環境がたまたまFSSのプログラムに合致した。
ことが考えれられます。

勝ち負けが拮抗することにより、プログラム選択の難易度が高まりました。
勝ちプログラム数が6割にまで増えてくると、また選択し易くなります。

米国FXCM社のMetaTrader4(MT4)口座


参加ランキング☆応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/12/21 21:52 ] FSS分析 | TB(0) | CM(0)

プラスとマイナスのプログラム数はほぼ互角 今週のFSS分析

今週の米国FXCM社のFSS分析です。

無題

先週はプラスのプログラムが58.1%もあったのですが、今週は51.7%に減少しました。
プラスかマイナスのどちらかに偏っていた方が、プログラムを選び易いのですが、
今週はほぼ互角でした。

米国FXCM社のMetaTrader4(MT4)口座


参加ランキング☆応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2008/12/07 22:10 ] FSS分析 | TB(0) | CM(0)

今週のFSS分析 FSSデモ口座研究

米国FXCM社のForex System Selector(FSS)のパフォーマンスをエクセルに
落として分析してみました。

FSS Analysis 2

為替のトレードは上がるか下がるかしかないので、ランダムにトレード
すれば勝率は50%になるはずです。しかし、実際のトレードにはスプレッド
があるので、これを差し引いたものがランダムトレードの勝率(40%台後半?)
となります。

FSSのシグナル・プロバイダーは為替のプロですので、ランダムトレードを上回ら
なければ話になりません。しかし、実際のパフォーマンスはマイナスのプログラム
の方が多いです。直近12ヵ月、6ヵ月、3ヵ月では約6割のプログラムがマイナスです。
この観点から、FSSに投資する場合、リバースを利用することは有効だと思います。

一方、直近になるにしたがってパフォーマンスが良くなってきていることは注目に値します。
考えられることは、
1. 全体のパフォーマンスが良くなった(相場環境、たまたま?)
2. パフォーマンスの良いプログラムが新規参入した
3. パフォーマンスの悪いプログラムが撤退した
といったところです。
この分析は今後毎週末アップしていきますので、This weekを比較していくと、
答えが見えてくるでしょう。

米国FXCM社のMetaTrader4(MT4)口座


参加ランキング☆応援お願いします! どれか一つでいいんです m(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ banner21.gif c_03.gif
[ 2008/11/30 23:01 ] FSS分析 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。